1000万円貯金

20代会社員が1000万円を貯金するために奮闘中!

トルコリラのスワップ生活を目指せ!トルコリラで資産運用!

time 2017/07/30

トルコリラのスワップ生活を目指せ!トルコリラで資産運用!

節約して貯金もするのはもちろんですが、現状の資産を増やすことも考えていきたいと思います。資産運用といっても投資や運用の方法はたくさんあります。

投資信託、外貨預金、株式、債券や不動産投資など、様々な方法があるのですが、簡単に登録して始めることのできるFXで資産運用をしてみたいと思います。

FXは少額で始められることと簡単に登録して始められることから、FXをチョイスして資産運用を始めることにしました!

また、外貨預金で資産運用するのには手数料がかかり、期間が決まってしまっていることから、為替が不利になっても手数料がかかった上で期間満了となるリスクがあることから、FXでいいんじゃないかということもありました。

 

 

どの通貨にどんな戦略で投資をするのか?

FXで資産運用をするといっても通貨や取引方法が色々あります。私の場合には以下の理由からトルコリラで運用することに決めました!

 

日中に取引している時間がない、手間がかかる!

私の場合には、日中は仕事しているので、なかなか取引ができない、夜も帰りが遅く取引ができるかどうかわからないため、長期でスワップポイント(利息のようなものです。)を狙って取引をしていきたいと思います。

 

通貨のチャートや今後の予想をするのが難しい、、

実際にFXの場合には、このレートを下がったら買いだ、このレートを超えたら売りで入るなど、インターネットでは色々な情報がありますが、正直仕事をしながら、そのレートをみたり、今後の勉強や自分の読みを構築しても、プロではないので、結局勝てないのではないかと思いました。

スワップポイントでほったらかしにできるのなら、それが一番いいと思いましたので、スワップポイントを狙える通貨を選んで、スワップ狙いで行きたいなと思います。

 

スワップポイントがいい通貨ペアとは?

有名なのは豪ドル、NZドル、南アフリカランドかと思いますが、色々調べてみるとトルコリラが高金利だということがわかりました!

トルコリラ/円が10,000通貨で1日約97円のため、トルコリラ/円が32円だったと仮定すると320,000円で1日97円、1か月2,910円、1年で35,405円となります。年間の利回りで11%となります。

そのため、豪ドル、NZドルと比較してもトルコリラの利回りがいいので、この二つでスワップポイントを狙って、FXの戦略としてみます!

南アフリカランドは別のページで紹介しています。

 

トルコリラのスワップポイント戦略!

トルコリラ,スワップ,生活

トルコリラで運用することを決めたら、FX会社を選んでいきます。FX会社を選ぶ際に、手数料のスプレッド、スワップポイント、取引単位など、比較します。

しかし、デイトレードなどで細かく取引をするなら、取引する通貨ペアや全体のスプレッドを確認、長期でスワップポイントを狙うならスワップポイントを重視など、自分のFXの取引方法によって、どのFX会社が合っているか違いますので、FX会社を選んでいきます。

 

結局トルコリラで運用するならどのFX会社がいいの?

戦略はスワップポイントを狙っていきますので、当然スワップポイントが大きいところを探します!

トルコリラでは、ヒロセ通商、FXプライムbyGMOスワップポイントが1日105円でFX会社の中でもトップクラスのようです。

しかし、最小取引単位がトルコリラでは1,000通貨、南アフリカランドでは10,000通貨または1,000通貨となっています。

ヒロセ通商とFXプライムbyGMOがいいように思いましたが、最小取引単位が気になりました。

1,000通貨が最小取引単位だとすると、円単位で32,000円(トルコリラを32円と仮定します。)となりますので、最低必要証拠金で1,280円必要になってきます(FXでは25倍の取引ができるためです。32,000円÷25です。)。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、実際に25倍で取引を行うとレートが下がるとすぐに最低必要証拠金が足りなくなり、追加のお金をFX口座に入れる必要が生じてきます。

そしてトルコリラはレートが下がり続けている通貨です。そのため、レバレッジをある程度下げて、取引を行う必要があります。

トルコリラの下落率

トルコリラは下落することが多く、2018年では最大で約27%下落しています。

その他の年でも最大約15%~27%下落しています。

そのため、下落率からレバレッジを3倍程度で想定したいと思います。すると、1,000通貨だと10,666円必要になってきます。

10,000円というと結構な金額になりますよね。

なぜ最小取引単位の通貨にこだわるかというと、スワップポイントを貯めていって、その貯めたスワップポイントを再投資して複利効果を使いたいと思っているからです。

長期でスワップポイントを狙っていきますが、日々発生したスワップポイントを使って、複利で運用していきたいと思いますので、取引単位が少ないほうが自分の取引方法にはあっていそうです。

 

トルコリラでスワップの複利効果をシミュレーション

複利効果を簡単にシミュレーションしてみました!TRY/JPYを32円でレバレッジ約3倍でを証拠金を10万円と仮定してみます。(あくまでシミュレーションなので、計算結果は参考でご利用ください。)

トルコリラ,スワップ,シミュレーション

 

スワップを再投資する分もレバレッジ3倍で投資を繰り返していきます。

1通貨単位でスワップ分の投資していくと、2年後には、2,000円変わってきます。シミュレーションでは月ごとに投資していますが、日単位でスワップ分を再投資していくとさらにより1通貨単位で投資した方がより複利の効果が生じてきますよね!

 

そのため、トップクラスとまではいきませんが、トルコリラで1日92円、南アフリカランドで1日160円と落ちるものの最小取引単位が1通貨のSBI FXトレードをFX会社として選択しました!

実際にSBI FXトレードに申し込んでみましたので、あとは取引をするのみです!トルコリラの取引はまた引き続き掲載していきます!

 

 

down

コメントする